整形外科

整形外科診療のご案内

概要

整形外科では、運動器官の病気や外傷を取り扱います。
背骨(頚椎、胸椎、腰椎)や肩、腕、手、骨盤、下肢、足などの骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経に関わる病気やけがの治療を行います。
診療は、一宮邦訓医師、鶴展寿医師、高橋賢亮医師の3名体制で行っています。
高齢者の骨、関節疾患が多く、救急患者さんの対応を要する場合には、お待ち頂くこともありますが、ご了承お願い致します。

  • 大きいな写真で見る

運動機能回復を目指して

整形外科の治療は、単に病気やケガを治すだけでなく、運動の機能を元通りに回復させることを目的とします。
障害が大きく、運動機能の回復が十分に得られなかったとしても、元の状態に出来るだけ近い機能に回復させることが重要です。したがって、リハビリテーションが必要不可欠であり、理学療法士、作業療法士と協力しながら、ケアを行っています。

  • 大きいな写真で見る

痛みをとるために

    痛みを主訴とする疾患(神経痛・リウマチなど)の治療を行なうのも、整形外科の仕事です。薬物療法、物理療法を駆使しながら、必要に応じて手術のよる治療を行っています。

    手術的治療

      整形外科の手術には、さまざまな種類があります。最も多いのが、骨折などに対する手術(骨接合術)、関節の手術(人工関節置換術、関節鏡など)です。そのほかに、脊髄・脊椎に対する手術、神経の手術、腱の手術などがあります。

      医師紹介

        一宮 邦訓

          鶴 展寿

            薦田 仁朗

              岡本 渉大

                石川 大平

                  診療科一覧へもどる