上五島病院の看護の紹介上五島病院の看護の紹介

看護部長挨拶

地域看護師としての役割を果たしていきたい。

看護部長 木村ひづる
看護部長 木村ひづる

当院は、地域の基幹病院として地域住民の方々に期待されています。地域の方に、信頼され親しまれる「この病院があって良かった。」「この病院にかかれて本当に良かった。」と思っていただけるように、患者さん一人ひとりとの関わりを大切にそして丁寧に接することに努めています。
地域で働く私たちは、急性期から慢性期そして終末期、小児・母性~老年まで幅広い年齢の患者さんを対象にします。そのため、さまざまな疾患をみることのできる総合力と、患者さんが抱える問題をいち早く見抜き、そして、それを判断し解決する力が求められます。
離島であっても専門職として自己研鑽の場をもつことは当然のことです。インターネットを活用した院内・外の研修会参加はもちろんですが、認定看護師をはじめとした資格取得の機会も積極的に実践するなど総合力を兼ね備えた看護師の育成に取り組んでいます。
また、当院は職員間の仲も良く、医師をはじめ他職種と連携が図りやすくチームの一員として、やりがいや達成感を感じながら働ける職場です。豊かな自然・人情味ある地域の人たちと共に、心通い合う看護の現場がここにはあります。私達は、地域(島)の方が、住みなれた土地で、一日でも長く健康な生活が送れる一助ができればという思いで、地域看護師としての役割をしっかり果たしていきたいと考えています。

看護部の理念

住民に信頼される看護の提供をめざす。

上五島病院の看護部では、病院の理念に基づいた地域のニーズに根ざした看護を行うことを目標に、患者さんとの信頼関係の基盤造り、安全で質の高いそしてやさしさと思いやりのある看護の提供が出来るよう、日々努力をしています。看護教育は、教育研修計画に沿って行い、看護職としての専門的な知識・技術を身に付けることが出来るようになっています。看護師一人ひとりがやりがいを持って、達成感を感じながら、チームの一員として働ける職場を目指しています。あなたも私たちと共に地域の現場で一緒に働いてみませんか。

看護部の基本方針

①地域のニーズに対応できるよう継続看護を実施し、地域社会に貢献します。②専門医療に対応できる知識と技術を習得し、看護レベル向上に努めます。③安全で質の高い療養環境を提供します。

看護部組織構成図
看護部組織構成図

外来

患者さんに寄り添った看護の提供を目指します

集合写真1 外来は17診療科あり、外来患者数は1日約500名です。再来患者は予約制をとっており効率よく診察が展開されています。外来という短い時間の中で、患者一人ひとりに誠意を持って、優しく接し、思いやりのある丁寧な対応に心掛け、患者に寄り添った看護を目標にしています。また、24時間救急対応しており、地域密着の外来看護活動を展開しています。

手術室

安心、安全な手術看護を

集合写真2 『憶えてもらえる手術室看護師』を目標に、術前、術後訪問を通して地域の皆様に手術の場面での的確な声かけ、援助が出来るプロフェッショナルを目指します。
手術室は3部屋あり、外科、整形外科、産婦人科、眼科、泌尿器科の手術を行っています。島内で唯一の手術が出来る施設であるため陥入爪、バネ指など小さな手術から人口膝関節の手術、肝臓部分切除術などの手術も行っています。手慣らしから直接介助の腕の見せ所まで幅広く行えます。 少数精鋭のためコミュニケーションがよく、医師とも意見交換が出来ています。また、外来も担当しているため術前から術後の患者様と接することが出来、病棟での術後訪問後だけでなく外来での係わり合いがあり、元気になった姿を観ることが出来ることは大きな喜びです。
今年9月、九州手術学会で発表を行い研究にも燃えており、病院側もバックアップしてくれている家族的な職場です。

透析室

多職種協働でより良い透析治療・看護の提供を目指します

集合写真3 初めまして、当院の透析室では看護師5名と臨床工学士3名とで、透析業務に携わっています。10床のベッド数で、月・水・金の午前、午後の2クール。火・木・土の午前の1クールの運用となっています。月に1度、内科医師、栄獲士と共に透析カンファレンスを開催し、患者様の情報を共有しスタッフー丸でより良い透析治療・看護を目指しています。

臨時透析:当院では行っておりませんが関連病院、有川医療センターで行っています。

2階病棟

チームワークを大切に救急にも対応します

集合写真4 2階病棟は、ICUを含む急性期・外科・整形外科病棟です。
ICUの入院があると、自分がやっていた事を途中で切り上げ、ICUへ手伝いに駆けつけることもあります。また、他病棟の急変患者、時間外緊急入院の全てが2階病棟の対象となるため、非常に忙しい病棟です。
チームワークの良さがスピーディーな動きを生みます。私達は、個々の経験年数に関らずスタッフ間・職種間の意見交換・コミュニケーションを大切にしています。
また、当病棟は地域の救急全般を担当すると言っても過言ではありません。そのため、スタッフはBLS·ACLS·JPTECの取得者も多く、その他DMATとして災害活動へも参加しています。

3階病棟

情報交換・連携・共同でチーム力を高め看護につなげる

集合写真5 3階病棟は産婦人科、小児科のある混合病棟です。内科、外科、整形外科の患者も多く様々な疾患に対応します。助産師、看護師を中心にスタッフ全員で入院される方、そのご家族の支援を行います。
新上五島町唯一の分娩施設であり、病棟に新生児治療室(NICU)を併設しています。
出産の感動に自身を見つめ直し、赤ちゃんの可愛さに癒やされながら、母子が家族として最良のスタートができるようお手伝いさせていただいております。
また、混合病棟なので、0歳から100歳までの女性の方との出会いがあり、生命について考える貴重な時間にも恵まれています。
「情報交換、連携、協同で、チームカを高め、看護につなげる」を病棟目標とし、日々の看護を行っています。 “思いやりの心で、つながり、広がる、快適マナー”をキャチコピーとし日々奮闘しています。
明るく、笑顔の絶えない3階病棟です。みなさんと一緒にぬくもりのある、幸せな時間をすごしたいと思っております。

4階病棟

多職種がチームでADLの維持・向上を目指します

集合写真6 4階病棟は主に内科の患者が入院する病棟で、患者の平均年齢は80歳前後と高く、そのため、誤嚥性肺炎や尿路感染症、慢性心不全など入退院を繰り返す患者も少なくありません。また、治療のために島外へ行った人や若いころは都会で暮らした人が「最期はこの島で知り合いに囲まれて過ごしたい」と最期の場所としてここを選ぶこともあります。そういった患者との関わりが看護師としてだけではなく、人間としても私たちを成長させてくれます。
また、当病棟は生涯受け持ち制を行ない、入退院を繰り返す患者を継続して看ることを心がけています。
患者に寄り添い、入院中に患者のADLが低下することがないよう、受け持ち看護師が中心となり他スタッフヘ情報提供し、全スタッフで患者に寄り添う看護が出来るように日々明るく元気に頑張っています。

5階病棟

在宅への復帰をサポートします

集合写真7 集合写真8 5階病棟は、地域包括ケア病床36床と療養病床14床を併設した病棟です。
地域包括ケア病床は、在宅復帰へむけて積極的なリハビリが必要な患者様、在宅での療養準備が必要な患者様が対象になります。理学療法士や作業療法士とタッグを組んで、ADLの確立を目指しております。食堂での食事の事や毎日の入浴は、効果的にADL拡大や意欲へもつながり喜ばれております。そして、主治医・受け持ち看護師・栄養管理士・MSW・担当ケアマネージャーとの連携とカンファレンスが頻繁に行われ、退院へ向けて「あれをしよう、こうしよう」と、常に支援の会話が飛び交っております。退院の日は、全スタッフでエレベーターの前に立ち、“ありがとう”と“笑顔”一杯でお見送りさせて頂いております。
療養病床は、地域柄お看取りの患者様が多く、一日一日を穏やかにその人らしく過ごして頂けるように努めております。時に院外へ散歩に出かけて四季を感じて頂いたり、患者様の状態に合わせて入浴(特浴)して「風呂が一番気持ちいいね~」「ありがとう」の言葉を聞くと、ますますやりがいを感じます。
チームワークと笑顔のリレーをモットーに頑張る部署です。ぜひ覗いてみてください!

地域連携室

患者さんが安心して頂ける様にサポートします

集合写真9 患者様一人ひとりが安心な場所で安心して医療・介護サービスを安心して切れ目なく受けることができるようにサポートします。

訪問看護ステーション

在宅で安心して生活が送れる様に看護サービスを提供します

集合写真10 当訪問看護ステーションは新上五島町のほとんどの地域を活動場所としています。利用者はがん終末期から難病、慢性疾患、認知症、精神疾患と幅広く、現在、60名余りの方が利用されています。スタッフは看護師5名、理学療法士1名の計6名で構成しており、24時間対応体制で、利用者・ご家族が住み慣れた家で安心して生活ができるよう、真心のこもった看護サービスの提供に努めいています。

委員会活動

「病院および看護部の理念や目標を達成するために、また看護職の専門性を追求し医療チームの中で、他職種とともに委員会を設け活動します。」

看護基準委員会
  1. 1.看護業務の遂行と安全保証のため、看護ケア・検査マニュアルなどの作成と改正に取り組む。
  2. 2.スタッフへの教育・指導を行う。
教育委員会

「みんなで支援、看護の知識・技術と、看護のこころ」をモットーとし、委員会活動を行っています。
新人看護職員教育プログラム、チェックリストの評価と検討を行い、プログラムの充実を図るとともに、新人看護師の指導、教育が各部署滞ることなく進行するよう支援しています。
個々の自己学習である、ナーシングサポート研修の活用を推進し、レベルアップにつながるよう支援を行います。
毎年行われる、院内看護研究発表会では企画運営を担当し、院外への発表へつなげています。

感染対策委員会

職員の手指衛生意識の向上を目指します。

<活動内容>
院内感染対策委員会参加

感染情報の職員への周知を目指します。

院内ラウンドの実施

毎週月曜に、各部署をラウンドし、感染に関わる問題の抽出、改善を目指します。

職員への感染に関わる勉強会企画、実施
医療安全対策室

患者さんが安心して治療、看護を受けることは勿論のこと、スタッフが安心し安全な医療を提供するため医療の質の向上、安全性確保に取り組んでいます。

<主な活動>
ヒヤリハット、事故報告書の集計、分析、問題点の整理

現場のスタッフのヒヤリハットや、医療事故に結びつく可能性がある事例に遭遇した際のインシデント、事故が起きた場合のアクシデント報告を一括した事故報告書の提出を定めています。医療安全室はヒヤリハット、事故報告書の提出の促進を図り、事例の集計及び分析をして、問題点を整理し改善、防止策を検討し再発防止の実行に努めるとともに、事故報告書を書いて「(ハード面が)変わるんだ、私の声が活かされた」と思えるように安全確保のスパイラルが図れるように努力しています。
<年2回の全職員に向けた研修>
平成28年度

  1. 1.麻薬の取り扱いについて
  2. 2.「ダブルチェックの落とし穴」「認知症の人のコミュニケーション」
医療を安全に行うための院内のルール作り

院外の情報収取をするだけでなく、現場の声を活かした業務の見直し、マニュアルの改訂を行っています。
現在、内服班を立ち上げ入院時の与薬に対する統一したマニュアル作成を行っています。
また、医療安全対策室マニュアルの定期的な見直しを行っています。

褥瘡・創傷委員会

私たち褥瘡・創傷委員会は褥瘡発生の危険がある患者さんには「予防」を、褥瘡がある患者さんには「悪化防止」「治癒促進」を図ることを目標に活動しています。
具体的な活動内容は

  1. 1.週1回の褥瘡回診とカンファレンスを行い、褥瘡対策計画の修正、検討をチーム全体で行う。
  2. 2.年に2回の研修会の計画・実施を行い院内スタッフの教育を行う。
  3. 3.褥瘡・創傷マニュアルの見直し。
  4. 4.褥瘡有患者等のデータ管理。

などです。入院した患者さんが褥瘡を作らず退院できるように、褥瘡のある患者さんは少しでも早く治癒できるように医師を含めたチーム全体で日々頑張っています。

緩和ケア委員会

当委員会は、上五島のがん患者さん、ご家族に早期から緩和ケアに対する知識や技術を提供することにより、患者さんやご家族がその人らしく生きることができることを大きな目的としております。そのために、病院・施設スタッフや地域住民の方々に向けての緩和ケア教育を行い、島における緩和ケアの質の向上や連携を担うよう日々活動しています。委員会内には緩和ケア研修(PEACE)を受けた医師、がん性疼痛看護認定看護師を始め外来/病棟/訪問看護師、薬剤師、理学・作業療法士、管理栄養士、メディカルソーシャルワーカーの他職種で構成された緩和ケアチームを設置しています。チームでは患者さん・ご家族、スタッフからのがんに関わる相談を受け、月に2回合同緩和カンファレンスを行い、それぞれが専門的立場から意見を出しながら、解決あるいは緩和できるように活動しています。ご相談があればまずは院内スタッフにご気軽に声をおかけ下さい。

看護記録委員会

看護記録委員会は、下記の様な活動に取り組んでおります。

  1. 1.電子カルテを活用しながら、看護の現場で生かせる看護記録となるような記録の改善と看護計画が患者さんへ還元出来るような看護記録を目指す。
  2. 2.ケアの評価や質向上の評価の手段となるような看護記録を目指す。
  3. 3.自施設の看護記録記載基準に基づいた看護記録になっているか形式的鑑査を実施する。また看護記録の記載内容から看護対象の状態・状況にあった看護ケアが実践できているかの評価を行う。内容をフィードバックしながらみんなが看護実践振り返りが出来る看護記録を目指す。
  4. 4.チーム療医療間での有効な情報交換の手段となるように看護記録を目指す。チーム医療間、患者さん、ご家族との重要な情報交換の手段となるように、「見てわかる看護記録」を目指して活動しています。
行動制限委員会
  1. 1.行動制限回避の方法を模索する姿勢を持ちながら、治療継続の妨げになる行動に対して の有効な行動制限が実施できるよう院内活動をする。
  2. 2.行動制限に関して、職員への教育をする。
    患者さんの人権への配慮や安全確保のために、抑制廃止の方法や工夫を模索しながら活動を行っています。
生活習慣病委員会

生活習慣病委員会は、生活習慣病に関する以下の役割を担当しています

  1. 1.糖尿病教育入院患者を対象にした糖尿病教室の運営
  2. 2.糖尿病入院クリティカルパスの作成と、運用に関するスタッフ指導
  3. 3.生活習慣病に関する患者用パンフレットの整理·補充
  4. 4.外来·病棟での糖尿病療養指導
  5. 5.町主催の健康に関するイベントヘの参加協力
離床促進委員会

患者さんのADLを低下させることなく、自宅や施設へ退院ができることを目標に取り組んでいます。上五島は高齢化がすすんでいるため、頸部骨折などの手術を必要とする患者さんや、内科的な疾患で入院される患者さんも多くおられます。入院によるADL低下を予防し、少しでも入院前の生活に戻れるように、早期離床、早期退院を目標に取り組んでいます。

NST委員会(口腔・摂食ケアを含む)

上五島地区は高齢化が顕著になり、入院してくる患者さんの多くは、疾患だけでなく、栄養障害という問題を抱えています。栄養障害は、患者さんの治癒を遅らせ、入院期間を長引かせる一因にもなるといわれています。
NST委員会では、入院時に患者さんの栄養状態を適確に判断し、栄養障害が疑われる患者さんに早期から栄養療法を行うため、チームで活動をしています。専門知識や技術を持った複数の職種(医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、検査技師など)が、専門性を活かしながら、チームで患者さんの栄養管理にあたっています。また、摂食嚥下障害看護認定看護師も所属しており、栄養面、嚥下機能面でのサポートをしています。
NST委員が中心となり、毎週病棟単位で、NSTカンファレンスが行われ、すべての入院患者さんに対し栄養評価、栄養介入の妥当性について話し合いをしています。カンファレンスの中で特に栄養管理が必要な患者さんについて、毎週金曜日にNST回診を行っています。

救急委員会

救急医療を担う島内唯一の病院としての責務を果たすべく、院内救急勉強会やコメディカル対象BLS講習会、院内メディカルラリー開催、様々な資格取得コースの開催など積極的な活動を行い意識を高め、知識・技術の向上に努めています。
高齢化の進む地域病院としても他機関との連携を図り、高齢者救急に取り組んでいます。
又、災害委員会やDMAT隊とも連携してトリアージ訓練やエマルゴ訓練、実働訓練を実施し災害医療の強化を図っています。

災害対策委員会

災害拠点病院である当院はDMAT隊を有しており、現在日本DMAT隊員:医師3名、看護師3名、業務調整員2名に加え長崎ローカルDMAT隊員4名が在籍しています。トリアージ訓練やエマルゴ訓練、実働訓練を実施しており、東日本大震災や熊本地震の際にはDMAT隊員だけでなく、医療支援チームとして多くの医師、看護師、コメディカルスタッフが現地入りしました。DMAT隊が中心となり全職員で災害医療に取り組んでいます。

認知症委員会

認知症ケア加算導入に伴い、今年度(平成29年度)発足されました。認知症の方やそのご家族に対する支援と、認知症の予防、早期発見、診断、治療に係るシステムの構築、そしてマニュアル作成と見直しを行い、院内における認知症患者の適切な評価や、認知症ケアの質の向上を目指して活動しています。

汎用委員会
  1. 1.病院における処置・検査・画像診断等の請求漏れを防止する。
  2. 2.診療報酬などの各種業務の円滑な遂行を図ることを目的に行う。
  3. 3.汎用システムの教育を担当する。